2010年
著者:Vaaler, Margaret L.; Stagg, Julie; Parks, Sharyn E.; Erickson, Tracy; Castrucci, Brian C.
所属:Office of Program Decision Supportm Texas Department of State Health Servicesm Austin, TX
雑誌名・年・巻号頁:Journal of Nutrition Education and Behavior 2010 v42 n3 suppl 1 pS30-S38

  • 食育・教育
  • 成人

要約

目的:本研究は,授乳の利益,公共的授乳の支持,及び特殊調整粉乳の使用に対する態度についての人口統計学的特徴の影響を調査した。加えて,態度とテキサスのWICに登録している母親における幼児養育の実践が関係しているカどうかについて調査した。デザイン:本研究は横断的方法を使用した。設定:テキサスのWICクリニックのサイトにおいて,参加者は質問紙を記入した。参加者:WICの給付金を受け取っている小さい子どもを持つ母親。主な結果の測定:授乳の利益に対する態度,公共的授乳に対する態度,特殊調整粉乳に対する態度,幼児養育の実践の選択。分析:記述統計学,多変量の最小二乗回帰,多項ロジスティック回帰,結果:重要な結果は,多くのヒスパニック系の母親が,母乳も特殊調整粉乳も両方とも好意的な態度を持っていたことであった。若いまたはあまり教育されていない母親は,授乳の利益に対して最も賛同しなさそうであった。授乳の利益に対して肯定的態度を持つ母親は,もっぱら授乳には調整乳と母乳の両方を使用していそうであった。結論と含意:授乳,公共的授乳,特殊調整粉乳に対する態度と,それら授乳の行動の影響は,授乳の普及促進プログラムのカリキュラムを知らせるべきである。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/berohe000000nv5b.html 
キーワード:
education + milk

書籍PDFダウンロード

2015年9月21日