2013年
著者:足立 達
所属:東北大学名誉教授
雑誌名・年・巻号頁:酪農乳業史7号.2013年2月.pp20-27

  • 社会文化
  • 歴史

<要約>

 本報では、幕末から明治初期にかけて横浜居留地域での飲用乳やアイスクリーム技術の習得過程について述べる。1859年、開港後の横浜へ1200名余の西洋人が住み始めた。酪農場や食肉処理場の建設が始まった。1860年にインドネシアから横浜へ移り住んだプロシア人、ヘンリーとエドワルドのシャネル兄弟が、1861年~1863年に酪農場建設に係わった。前田留吉は、シャネル農場で搾乳技術を習得した。明治政府より、乳処理技術の指導者として東京に招聘され、酪農場の指導を行った。日本独特のアイスクリーム製造技術は、ワシントンで学んできた出島松蔵が伝えた。最初のアイスクリーム製造は1869年に横浜で、町田房造が1868年に出島松造より技術を学びアイスクリームを市販した。技術習得過程と公衆衛生についても記述されている。
キーワード:生乳飲用、生クリーム、前田留吉、出島松造、町田房造

<コメント>

 横浜の外国人居留地で、飲用牛乳やアイスクリーム調整技術等の習得までの経過状況がのべられている。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/berohe000000j5tk.html

書籍PDFダウンロード

2015年9月21日