1992年
著者:井上哲郎
所属:浜松医学大学整形外科

  • 健康科学
  • 各ライフステージ

目的

我々は前回までの研究にて、牛乳摂取習慣のある女性では、閉経後の骨量減少が比較的緩徐な傾向にあること、また骨塩量は運動習慣のみでは影響を受けず、牛乳摂取習慣と運動習慣をともにもつ女性において骨量が増加することを示した。
今回は、骨塩量の増加に牛乳摂取がどの程度影響を与えるのか、またその影響は若年成人と高齢者では異なるのかどうかを明らかにすることを目的として、牛乳摂取が骨塩量に及ぼす影響を多変量解析を用いて検討するとともに、若年成人と高齢者において牛乳摂取が骨塩量に与える影響を比較検討したので報告する。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/gakujutsu/9fgd1p0000021uzy.html 

2015年9月18日