2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究 研究者・研究課題一覧

No. 氏名 研究機関名 役職 研究課題名
1  丸山 健太 大阪大学免疫学フロンティア研究センター・世界最先端研究機構 特任助教 牛乳由来エクソソームによる腸炎抑制メカニズムの解明
2  永倉 顕一 国立病院機構相模原病院小児科 医師 重症牛乳アレルギー児に対する経口免疫療法ランダム化比較試験:緩徐増量vs少量維持
3  谷田 守 金沢医科大学医学部生理学Ⅱ講座 准教授 免疫系に関連する遠心性自律神経脾臓枝へ与える牛乳の効果と調節機構の解明
4  森 博康 徳島大学先端酵素研究所糖尿病臨床・開発センター徳島大学病院アンチエイジグ医療センター  助教 サルコペニア治療を目的とした レジスタンス運動と乳清たんぱく質の 栄養摂取タイミングの有用性 –栄養療法 と運動を併用した ランダム化比較介入試験 -
5  青江 誠一郎 大妻女子大学・家政学部  教授 乳成分(ミセル性リン酸カルシウムおよび乳糖)の摂取による2型糖尿病モデルマウスの膵臓機能改善作用に関する研究
6  松井 康素 国立長寿医療研究センター・ロコモフレイルセンター センター長 牛乳摂取ならびにビタミンD併用摂取によるサルコペニア、ロコモ、フレイルへの影響に関する研究
7  甲田 勝康 関西医科大学医学部 衛生・公衆衛生学講座  研究教授 骨の成長に最適な牛乳乳製品とカルシウム摂取量:二重エネルギーX線吸収法による一般小児の疫学研究
8  矢部 えん 人間総合科学大学人間科学部  助教 日本人における牛乳・乳製品摂取の健康影響に関する疫学研究を加速するための牛乳・乳製品摂取調査票の開発
9  永田 尚義 国立国際医療研究センター 消化器内科  医員  乳製品摂取と腸内細菌・細菌の機能代謝との関係性から読み解く新たな骨粗鬆症予防戦略
10  曽宮 正晴 大阪大学・産業科学研究所生体分子反応科学研究分野  助教 牛乳に含まれる細胞外小胞をヒト細胞が認識し応答する分子機構の解明
 
公募案内はこちら
2019年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究の公募について

※2019年度学術研究の公募は終了しています

事務局・お問い合わせ先

  〒104-0045 東京都中央区築地4丁目7-1 築地三井ビル5F
一般社団法人Jミルク内 「牛乳乳製品健康科学会議」事務局
電話 03-6226-6352 
FAX 03-6226-6354

2019年3月6日