2010年
著者:Freedman, Marjorie R.; Nickell, Audrey
所属:San Jos_ State University
雑誌名・年・巻号頁:Journal of Nutrition Education and Behavior 2010 v42 n3 p192-196

  • 食育・教育
  • 学童

要約

目的:公立図書館が実施する放課後の栄養に関するワークショップは,食物選択における永続的な変容と関係づけられるかどうかを決定する。方法:「スナックスマート」ワークショップは,社会認識論に基づいており,それは,目的とした食品の消費量の変化を評価するために,プレテスト,ポストテスト,追跡調査の食物頻度アンケートによって,8つの分館(49人の民族的に多様な9歳から14歳の子ども)で行われた。結果は,反復測定によるフリードマン検定とウィルコクソンの符号順位検定を用いて分析された。結果:牛乳,野菜,水の摂取量は,3週間後のポストテストでは,5%水準で有意に増加していた。しかし,水の摂取量は,プレテストと3カ月後には有意な変容が見られた。結論と含意:この低い値の問題は,3カ月後の介入後の食物頻度における変容によって測定されたように,永続的な行動変容を生み出さない。本研究は,永続的な影響のための栄養に関する課外プログラムを批判的に評価する必要性を支持する。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/berohe000000nv5b.html 
キーワード:
education + milk

書籍PDFダウンロード

2015年9月21日