1995年
著者:都島基夫
所属:国立循環器病センター動脈硬化代謝内科

  • 健康科学
  • 各ライフステージ

目的

近年高齢化社会が進み、老化にともなう種々の障害が国民の健康面から重視されている。そのなかで、従来より、骨におけるCa代謝や蛋白の供給源として牛乳の必要性が認識され、動脈硬化などの分野でも見直しがなされている。欧米では、飽和脂肪酸を含む牛乳栄養が高脂血症を悪化させ、動脈硬化を進展させると考えられていた。本研究会において、われわれは高脂血症者が一日牛乳200-400mlを摂取しでも、血清総コレステロール(以下TC)、トリグリセライド(TG)は上昇せず、拡張期血圧の低下、HDLコレステロール(HDL-C)の上昇が見られたことを報告し、血中脂肪酸の変化や血圧に対する効果についても言及した。今回、脂質成分をおさえた低脂肪牛乳の血清脂質、骨塩量、動硬化度におよぼす短期、および長期効果を、多くの有効成分をふくむ大豆蛋白と比較して検討した。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/gakujutsu/9fgd1p0000022lsv.html 

2015年9月18日