1993年
著者:後藤由夫
所属:東北厚生年金病院

  • 健康科学
  • 各ライフステージ

目的

糖尿病では罹病期聞が数年以上経過すると各種の慢性合併症が起こってくる。糖尿病に特徴的なものは網膜症、腎症などの小血管障害と神経障害であり、特異的ではないが起こりやすいのは動脈硬化によって起こる大血管障害である。この研究は牛乳飲用習慣の有無がこれらの合併症の発症に関連するか否かを明らかにするために行なうものである。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/gakujutsu/9fgd1p0000021tvd.html 

2015年9月18日