1993年
著者:都島基夫
所属:国立循環器病センター内科動脈硬化代謝部門

  • 健康科学
  • 各ライフステージ
近年高齢化社会が進み、老化にともなう種々の障害が国民の健康面から重視されている。そのなかで、従来より、骨におけるCa代謝や蛋白の供給源として牛乳栄養の必要性が認識され、動脈硬化などの分野でも見直しがなされている。欧米では、飽和脂肪酸を含む牛乳栄養が高脂血症を悪化させ、動脈硬化を進展させると考えられていた。我々は、本研究会において、高脂血症者が一日牛乳200-400mlを摂取しでも、血清総コレステロール、トリグリセライドは上昇せず、拡張期血圧の低下、HDLコレステロールの上昇が見られたことを報告し、血中脂肪酸の変化についても言及した。
今回、農村漁村の住民における牛乳摂取と高脂血症の関与について検討し、動脈硬化に及ぼす影響について考察した。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/gakujutsu/9fgd1p0000021tvd.html 

2015年9月18日