1988年
著者:石川俊次
所属:東京慈恵会医科大学青戸病院内科

  • 健康科学
  • 各ライフステージ

研究目的

牛乳を一定期間摂取すると血清総コレステロールが増加するが、その健康に及ぼす意味づけを明らかにするためには、各リポ蛋白の細かい変化を知る必要がある。
この研究では健常女子に一定期間、比較的大量の牛乳を摂取させ、血清及びリポ蛋白の脂質、血清アポリポ蛋白、さらにHDL粒子のサイズ分布に及ぼす変化を検討した。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/gakujutsu/9fgd1p0000021rwd.html 

2015年9月18日