1988年
著者:松崎俊久
所属:東京都老人総合研究所疫学部

  • 健康科学
  • 各ライフステージ

目的

本研究は、高齢者の牛乳の飲用習慣と血清脂質の関係を明らかにすることを目的としたものである。すでに昨年、沖縄県大宜味村を対象にした分析を試みており、牛乳を毎日飲用している者はそうでない者に比して血清コレステロールが有意に高かったことを報告している。今回の報告は、生活習慣を異にする秋田県南外村を対象に牛乳の飲用習慣と血清脂質の関係を分析したものであり、昨年報告した成績を追試することを目的とした。

書籍ページURL
http://www.j-milk.jp/tool/kenkyu/gakujutsu/9fgd1p0000021rwd.html 

2015年9月18日